平常どおり

世の中もすっかり平常運行に戻ったようである。何がどう平常なのかと言えば、 目に付くところから「新春なんちゃらかんちゃら」などというフレーズが消えた。 良いことだ。いっそのこと、年末年始の休暇は12月30・31日と元旦の3日間だけ にしてくれないだろうか。仕事の上では何の区切りでもないし、むしろ年度末が 近づくにつれ忙しくなってきているというのに、師走だ年末だ正月だと、世間の 雰囲気が慌ただしい雰囲気に拍車をかけてくる。そして、その代わりに3月末に 休みが欲しい。

あるいは逆に、年度という概念を廃止する。それにしても何で4月に始まって3月 に終わるのだ?学校も官庁も1月から12月までを区切りにすればいいのに。そう すれば、仕事にも区切りがある程度つくから、もっと自然に新年を祝えるのに。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index