サンノゼへ出発

国際会議である。あまり気が向かないのだが、行かねばならぬ。なぜ気が向かな いのかといえば、行き先がサンノゼだからである。まず、アメリカ。あまり海外 という気がしない。そしてカリフォルニア。飽きた。まあ、仕事だから仕方ある めえ。つくばから成田は自分のクルマで行くのが最も便利だ。駐車場は一週間で 5000円くらいなので、同僚と二人で行けばバスより安い。航空会社はアメリカン エアラインであった。B747かなあ、と憂鬱に感じていたら、B777だった。ラッキー。 さらに、ビジネスクラスとエコノミークラスの境目の壁の真後ろの席だったので 足下が広い!寝るときに足を思い切り伸ばせる。こりゃ快適。で、ジェット気流 が調子よく東に流れていたのだろうか?時速1,250km/h(マッハ1を超えてる)な どという猛スピードで飛んだ結果、予定よりも20分ほど早くサンノゼ空港へ着い た。

空港へ着いて外へでたら、ヒスパニック系ばっかり。ここはどこの国じゃ?交通 についてはあまり下調べをしてこなかったのだが、テキトーにバスと路面電車に 乗ったら学会会場のサンノゼコンベンションセンターに着いた。まだ昼前である。 登録だけ済ませてダラダラとし、昼食の後ホテルへチェックイン。夜はYannと Betinaと会う約束だった。8時頃、部屋のドアがノックされたので開けてみたら、 おー!YannとBetinaだ!同僚も交えて4人でダウンタウンのタイ料理レストラン へ。話も弾み、楽しかった。9月にまたメキシコで会おう。さらばさらば。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index