首都高速

首都高を自分で走ることなど滅多にないのだが、第三京浜の都筑I.C.付近で仕事 があったのでクルマで行ってきた。三郷線から堀切までは間違いようがないのだ が、その後が心細い。ま、箱崎までは大丈夫だな。江戸橋までも何とかなる気が する。竹橋はあやしい。千代田トンネル内での分岐はもっとあやしい。渋谷線に 出られれば後は大丈夫なはずだ。用賀から玉川までは環八一本だしな。

で、帰りは横羽線、湾岸線を経由し、結局一度も間違わずにすんだのだが、

ややこし過ぎ!

看板がわからんのだよ。ワシのような首都高初心者にとって一番知りたい情報は、 行き先とそれに対応する車線なのだよ。分岐の直前でレーンが違うことに気付い て慌てて車線変更するのがイヤなのだよ。イヤ、というか危ないっしょや。アメ リカでインターステート(高速道路みたいなもんだ)を走っていると、「exit only」とか「このレーンはニューヨーク方面only(正確なのは忘れた)」と書い てある。しかもかなり手前からしつこいくらいに書いてある。だからレーンを間 違えることはまずない。でもさ、首都高って経験的に知らなければ間違ったレー ンを走り続けて分岐手前でようやく気付く、ってことあるよなあ。なんとかせえ よ。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index