弘前1日目

朝5時ちょい過ぎに出発。天気、雨。むー。こんな時間から常磐道はボチボチな 交通量である。さすがゴールデンウィーク、この先も苦戦が強いられるか?と、 緊張しながら運転を続けた。水戸から北は走行車線と追い越し車線の片側2車線 となり、アップダウンとトンネルが増える。クルマの量はまだ許容範囲である。 いわきJCTからバンエツドウへ。うーむ、ATOK、「ばんえつ」が変換できない。 磐越、でいいんだっけ?で、磐越道は対面2車線。疲れる。郡山までが長く感じ るのだ。このあたりで既に雨は止んだようだ。それにしてもクルマの量はまだ増 えない。東北道を北上。仙台の手前あたりに来ても、まだいつもの交通量である。 しかしこの区間は上り下りがきつくて、クルマのパワーのなさを痛感する。オー バードライブを切って加速をつけ、スピードが乗ったあたりで再びオーバードラ イブを入れるとスピードを維持できない。3000ccクラスでないとダメか?

仙台から北は「後半戦」である。いつものことながら仙台から盛岡は長い。長い のだが景色が単調なので(だから長く感じるのだが)、記憶に残っている部分は 少ない。やっと安代JCT。何しろ桜の季節だ。東北道弘前線はまだスカスカだが、 大鰐弘前直前でギッシリと詰まるかもしれない。油断大敵。90km/hくらいでマッ タリ走るトラックの後ろを同じようにマッタリ走る。で、そのトラックと一緒に あっさりと大鰐弘前ICを出た。むむ、さては7号線に入った途端にギッシリなの か?と、思いつつも7号線は比較的順調。さては市街が近くなったら・・・と疑 心暗鬼なのだがいつまでたっても混まない。そのまま着いてしまった。ぜーんぜ ん混んでいませんでした。所要時間8時間ちょうど。いつもと一緒じゃ。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index