うどん屋でそば

盛岡からの帰り、新幹線が東京駅に到着したのは午後1時過ぎだった。ちょうど ハラが減ったので、八重洲地下街をウロウロしてみた。食べ物ではあまり冒険は したくない。できればよく知っている店でよく知っているものを食べたい。確か 洋麺屋五右衛門があったはずだ。迷わずに「たらこのカルボナーラ」を食べよう。 ・・・しかし、店は満席だった。「少々お待ちいただきますが」ということであ きらめた。で、地下街を再びウロウロすることおよそ10分。手打ちのうどん屋を 見つけた。入り口横のガラス張りの中でうどんを打っている。うむ、うどんでよ かろう。入り口付近のメニューで「うどんとちらし寿司のセット」800円也に決 める。カウンターに通されて、ハキハキテキパキとしたおばちゃんが注文を取り に来た。「うどんとおそば、それぞれ暖かいのと冷たいのがあります」と言われ て、つい反射的に「冷たいそば」と答えてしまった。だって4通りの選択肢の中 で、冷たいそばが一番好きなんだもん。

しかし、届いたそばをすすりながら考えた。わざわざ店頭でうどんを打つ実演を している店でそばを食べるのはイクナイことなのではないか?しかしメニューに あるんだからイクナイわけないよなあ。いや、それよりも隣のおじちゃんが食べ てた「あい盛り(だったかな?)」とかいう、ひとつのざるにうどんとそばが盛 られているのが魅力的だったぞ。今度はあれ食べよっと。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index