原文

先日、夏目漱石と島崎藤村の文章を例にとって仮名漢字変換のデモ(?)をして みたが、原文(正解)を載せるのを忘れた。ちなみに青空文庫を参考にして著作権の切れてい る作品を選んだ(つもり)。さて。

草枕
夏目漱石

山路を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

夜明け前
島崎藤村

木曾路はすべて山の中である。あるところは岨づたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに臨む木曾川の岸であり、あるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。

・・・というわけである。でさ、意地って「いぢ」じゃないの?「iji」でなけ れば変換されないんだけど。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index