旅の荷物

クルマで移動となると、ThinkPadとMebiusとDynabookを持っていく、という心の 広さを見せるものの、これが電車や飛行機となると話は変わる。国内2泊程度の 出張なら、いつも仕事で持ち歩いている薄手のソフトな鞄ひとつで出かける。1 週間前後の海外出張でも、肩からかけられる厚手の鞄をもうひとつ加えるだけで ある。重要なのは、飛行機の機内に持ち込める手荷物の範囲に必ず収めるという ことなのだ。国内なら紛失の心配はほとんどないのだろうが、海外となると安心 できない。確実に手元に返ってくる保証があったとしても、バゲッジクレイムに 費やす時間がイヤだし、そもそも重い荷物を持って歩きたくない! のっぴきな らぬ都合で搭乗ゲートまで走らなければならない事態に陥ったら(実際に陥った ことがある)、そんな重い荷物を抱えてどうすればいいのだ。

というわけで、今回もこのポリシーを貫くことにする。リゾート地のカンクンで 3泊、雑然としたメキシコシティーでさらに3泊という日程であるにもかかわらず、 である。そもそも学会でしゃべりに行くのだから、パスポートと航空券とプレゼ ンテーション用ファイルの入ったCD-ROMさえ持っていけば用は足りるはずなので ある。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index