カンクン4、メキシコシティ1

いろいろとメモとして残しておきたい内容もあるので、ダラダラと日記ページに 書き連ねるのではなく、旅行記録ページに写真といっしょに書いておいた方が後 から探しやすいなあ。じゃあここには何を書くベか、という問題が残るなあ。い いや、とりあえず重複してもいいから書いておこう。

朝9時、Viトラベルのバンが迎えにきてくれてカンクン空港まで移動なり。所要 時間約20分。空港ターミナルでメキシコシティまでのメキシカーナ便のチェック インを済ませると、搭乗時刻まで2時間近く余ってしまった。幸い(?)朝食を 食べていないので、ターミナル内のカフェテリアでファストフードな食事を取る。 異常なほどに神経質な手荷物検査を経て搭乗ゲートへ進んだら、そこは1階であっ た。つまりブリッジは使わないのだ。メキシカーナ便のA-320はほぼ定刻に離陸 し落ち着いた気流の中を約2時間飛行、メキシコシティに着いた。到着ロビーに 出てみたらYannとBetinaを発見、よぉよぉ〜と再会を喜んだ。なにしろスペイン 語はさっぱりわからないのでホテルでの滞在を躊躇し、ここではYannのアパート にお世話になることにしていた。タクシーで約30分、住所でいえばCoyoacanにな る。荷物を置いて一息ついたら、Yannの勤務する大学を見せてもらった。徒歩で 10分ほど、日本語で言うとメキシコ国立自治大学、と言うのだろうか。ベラボウ に広い敷地の大学である。黄色と青の彩色が印象的である。夕食はタクシーで10 分ほど走ったところにあるメキシカンレストラン。疲れていたせいか、食前酒の つもりで飲んだマルガリータで結構ヨッパラったぞ。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index