さんまの棒寿司

さんまの新しいレパートリー、棒寿司に挑戦。北竜台市場で、2尾340円という高 級さんま(?)を仕入れてきた。さすがに大型で脂のノリもいい。まずは普通に 3枚おろし。皮もむく。水分をぬぐったら、塩をふってペーパータオルにくるみ、 冷蔵庫で30分ほど寝かせる。ちなみに、30分というのは根拠がない。もっと長く なければならない気もする。で、冷蔵庫から出したら、酢で塩を洗う。酢を替え て20分漬け込む。これを長細くした酢飯の上に乗せ、ぎゅ〜っと型をつける。こ のあと冷蔵庫で少し冷やした方がいいかもしれない。

包丁でにぎり寿司くらいの大きさに切り分け、醤油をちょいとつけていただく。 出来は、まあまあでありました。大型のさんまを使ったから、3枚におろしても まだ厚みがあり、酢に漬け込む時間をもう少し長くしないと全体に酢が染みこま ないようだ。そもそも、棒寿司を作るのにわざわざ大型のさんまを使うのがいい のかどうか、よくわからん。もしかしたら標準的な大きさのさんまの方が使いや すかったかも・・・? そのうちもう一度やってみますだ。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index