2階建てバス

なにやら巨大なバスがつくばと東京の間を走っているのは知っていたが、今回乗る機会があった。乗ろうと思って計画していたのではなく、バスを待っていたら巨大な2階建てバスがやってきたのである。とりあえず、いつもと同じよう に前部のドアから入り、運転手に回数券を渡す。天井が低い。屈まないと頭が天井にぶつかるほど低い。せっかくなので2階席にあがってみることにする。階 段は中央後部寄り、進行方向左側にあり、後ろに向かってのぼる。2階席は空い ていた。どこでも良かったのだが、階段を上がりきったすぐ後ろの席に座ってみた。1階席ほど天井は低くないような気がする。そして窓が広く、開放感があ る。とても快適だ。高い位置に席があるので、首都高のフェンス越しに外が見えたりもする。ま、ノートPCを取り出してゴチャゴチャやっていたから、カーテンを閉めていたのだが。

降りるときは、階段を下ったところにある中央ドアからも降りることができる。それにしてもまぁ、よくあんな巨大な車体を運転できるものだ。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index