ワシントンDC2日目

いつものように時差ボケで午前4時頃目覚める。学会は昼からなので、午前中は ホワイトハウスからリンカーン記念館、ワシントン記念塔あたりを散歩した。ホ ワイトハウス周辺はやたらと工事区域が多い。何やってんだ?セキュリティ対策 だろうか。官庁が集中しているので、スーツにネクタイのビジネスマンが多く見 られる。一方でリンカーン記念館周辺はアメリカ国内はもちろん世界中からの観 光客が集まっており、カメラのシャッターなどを頼まれる。ワシントン記念塔は、 残念ながらグランドが工事中で登ることができなかった。快晴の天気だったので 登ればさぞや気持ちよかったと思われるが残念。

で、学会へ。NIHのワークショップが開催されるのはDCではなく、メリーランド に入ってすぐのベセスダというところである。地下鉄のレッドラインで15分くら い。地下鉄ホームから地上までが恐ろしく長いエスカレーターでつながっている のだが、これが調整中だかなんだかで止まっていた。仕方なく歩いて登る。一気 に登れず、途中で休まねばならないほど長かった。地上へ出るとすぐにNIHの敷 地である。建物へ入るためのセキュリティが厳しく、空港のセキュリティのよう な金属探知ゲートをくぐり、荷物はX線検査なのだ。

夕飯はチャイナタウンで。おいしいんだけど、ちょっと多いんだよなあ。4人く らいいるとちょうどいいかも。


Generated with mkdiary
Hidenobu Arimoto, <arimoto@gentei.org>
HOME > Diary TOP > Diary Annual Index